サービス付き高齢者向け住宅

+Life編集部、サ高住のある街<板橋本蓮沼>を歩く Vol.1

猫_3

  
シリーズ企画第3弾となるこのコーナー。
今回は板橋本蓮沼エリアに新しくサ高住(サービス付き高齢者向け住宅)物件が誕生するとのことで、『+Life』編集部は物件周辺を取材しました。
 

板橋本蓮沼・・・グランドマスト板橋本蓮沼

 

未来をはぐくむ緑と文化のかがやくまち‟板橋”

サ高住物件「グランドマスト板橋本蓮沼」は都営三田線本蓮沼駅より徒歩1分の場所。
また郵便局も物件の隣の建物一階に併設されており、利便性が高く暮らしやすいことは間違いなさそうです。

 

同物件から少し足を伸ばしてみると、道端にこんな「まちあるきマップ」を発見。
マップにはいくつもお寺が載っており、当編集部はこのマップとgoogle mapアプリを頼りに街歩きを始めてみました。

 

マップ
お寺や神社のほか、桜の見どころやトイレなども表記されています

 

長徳寺

立派な門構えで出迎えてくれた「長徳寺」。
春には桜や牡丹が境内の庭園に咲き誇り、見物客が後を絶たないんだとか。
安置されている阿弥陀如来立像は平成5年2月26日に板橋区文化財に指定されてました。豊島八十八ヶ所霊場 第14番の例所にもなっています。
季節の花々を愛でることができるお寺、ぜひ街歩きやお散歩で立ち寄ってほしい場所です。
 

長徳寺
宗派は真言宗豊山派。ご本尊が不動明王の長徳寺

 

地域猫に遭遇

板橋本蓮沼エリアを歩いていると、度々遭遇したのが地域猫。
人間だけでなく、猫も住みやすく暮らしやすい街ということなんですね。
 

猫_1
振り向きざまの白黒模様の地域猫

猫_2
どんな角度からも目線をくれたサービス精神旺盛な地域猫

 

氷川神社

最後に訪れた氷川神社。
写真をよく見ると、階段のところに本日3匹目となる地域猫が座っています。

 

氷川神社
狛犬とシンクロしている地域猫

 
神社と3匹の猫に癒された街歩きとなりました。
次回では板橋本蓮沼エリアの商店街をご紹介します。

+Life編集部、サ高住物件のある街<板橋本蓮沼>を歩く Vol.2 へ続く